fet-100806-02.jpg 先月21日に通算3枚目のアルバム「トドケ!!!」を発売したばかりの2人ユニット、Glean Piece(グリンピース)が同月31日、東京・アーバンドックららぽーと豊洲のクレーンイルミネーション点灯式に出演。ミニライブを開催した。
 この日、イルミネーション点灯式に集まった観客は約5000人。Glean Pieceが登場すると、会場からは大きな拍手が沸き起こった。Glean Pieceの2人は、手に大きなクラッカーを持ってステージに現れ、事前に観客に配られていたクラッカーと同時に勢いよく鳴らすと、リニューアルされたクレーンイルミネーションが一斉に点灯。真夏の夜空を彩った。
 続いて開催されたミニライブでは、Glean Pieceのパワーが炸裂。この日、Glean Pieceのライブを見るのは初めて、という観客が多い中で、2人の「人を笑顔にさせる」ステージを展開し、オーディエンスをあっという間にGlean Pieceに引き込んだ。2人は「こんなにたくさんの人たちに僕達の思いを“届ける”ことが出来て、そしてこんなにたくさんの笑顔をもらえて、本当に嬉しい」と喜びを爆発させていた。
 Glean Pieceはこの日、ニューアルバム「トドケ!!!」に収録されている「トドケ。」と「トモダチ」を含む計4曲を熱唱。客席には、Glean Pieceのオーディエンスの定番スタイルとなっている、タオルを回して一緒に踊る姿が数多く見られ、Glean Pieceを知らなかったという人も、手持ちのタオルを振り回し、Glean Pieceが届ける沖縄の風を感じていた。
 今年4月に上京し、東京を拠点に活動を開始したばかりのGlean Piece。この日は、それを引き合いに出し「僕たち、東京に出てきたばかりなので、この会場に来てくれた皆さんと『トモダチ』になりたいです!」と話し、会場を沸かせる一幕もあった。
 なお、この日のイベントには後藤真希も出演。こちらもミニライブを披露し、観客から大きな歓声を受けていた。