fet-100806-01.jpg 8月2日、東京都渋谷区にある、Shibuya O-EAST、Shibuya O-WEST、Shibuya O-Crest、Shibuya O-nest、duo MUSICEXCHANGE、CLUB asiaの6つのライブハウスで、人気ビジュアル系ロックバンドの夏フェスとも言えるライブイベント「SCUBER DIVE 10~渋谷が大変」が開催された。
 この日、計6会場に出演したアーティストは、なんと60組以上。人気を誇るバンドが一堂に会する滅多にないチャンスとあって、会場一帯は、開始前から多くのファンで溢れかえっていた。
 その中でも、メインステージとも呼ぶべきShibuya O-EASTにトップバッターとして立ったのは、今年一番期待が高いバンドとして評判の「Lc5(エルシーファイブ)」だった。Lc5は9月15日にメジャーデビューが決定し、注目度バツグン。そのため、オープニングの登場にも関わらず、彼らのパフォーマンスを今や遅しと待ち望むファンたちで会場は埋め尽くされていた。
 青い幻想的なライトに照らされたステージに彼らが現れると、客席からはいきなりの大歓声。ボーカルmikuが「今日は暑いけど、俺たちと君たちで渋谷をもっとアツくしていこう!」とコメントすると、ファンからはより一層大きな歓声があがった。
 Lc5はデビューシングル「Loveless」を含む、計7曲を披露。夏らしく、アップテンポなロックナンバーを中心に、バラード曲も散りばめられたセットリストに、会場全体が激しく盛り上がり、そして酔いしれていた。
 現在、初の配信音源となる「Lc5~love&crash~」の着うたが、レコチョクにて先行配信中。