井上苑子 中学生シンガーソングライターの井上苑子さん(12)が4日、大阪心斎橋のライブハウス「FANJtwice」で、自身2度目のワンマンライブを行った。今年3月に小学校卒業を記念して行った初のワンマンライブ以来の開催。前回よりも倍となる200人の観客を動員した。
 小さな頃から母の影響で歌う事が大好きだったと語る彼女が、ギターを初めたのはわずか1年前。卒業式ワンマンでは5曲のみだったオリジナル曲もこの半年で10曲に増え、カバー曲5曲を含めた全15曲、約1時間半にわたり堂々としたステージを披露した。
 井上さんは「もっともっと路上ライブやライブハウスでの活動を増やして、まずは関西でたくさんの人たちに私の事を知って欲しい。そして目標は中学生でデビュー!これからも応援お願いします」と元気いっぱい。
 大きなステージを終えたばかりの彼女が語るのは未来を見据えた言葉ばかり。大阪で生まれた新しい歌姫が全国に名を知らしめるのもそう遠くはなさそうだ。