et-20100801-03s.jpg
自身主催フェスで新曲を熱唱した九州男
 レゲエ歌手の九州男(31)が7月31日、野外フェスティバル「MUSIC LIFE 10」を主催。約1万人の観客を前に、レーベル移籍第1弾となる新曲「Brand New Days」を披露した。新曲は、幼なじみの結婚式でスピーチの代わりに贈った楽曲。
 この日はフェスを記念して、午後7時から午後11時59分までの間、レコチョクで同曲の着うたを50円という価格で配信した。チケット早割りならぬ“5時間限定早割り配信”はライブに来れなかったファンにも広がり、僅か5時間で初登場1位を獲得した。
 フェスでは、USTREAMでのネット中継に加え、初の試みとして会場の大型スクリーンにツイッターのタイムラインを表示し、会場の熱気と雰囲気をリアルタイムで世界中に発信し、多くの人々と時間を共有した。