et-20100730-02.jpg 男性ボーカルユニットC&Kの新曲「梅雨明け宣言」(8月4日発売)の歌詞が話題となっている。歌詞検索モバイルサイト「歌ネットモバイル」で歌詞を公開したところ、同サイトの閲覧ランキングで1位を獲得した。
 注目を集めている理由は歌詞の内容にあるようだ。真夏の開放感をテーマにした爽やかなサマーチューンに聴こえるのだが、歌が進むにつれ、健康的な男子の素直な気持ちが明らかになっていく。
 歌詞を抜粋すると「体温沸かす太陽 毎秒変わる展開も 渚でゆれるおっぱいをながめる我は変態よ(笑)」(1Bメロより)「体温冷ます杯を 毎晩変わる展開も ロウソク越しのおっぱいを眺める我は変態よ(笑)」(2Bメロより)
 と、あからさまに「おっぱい」というフレーズを使っていのだ。レーべル関係者の話によると最初はこのフレーズに抵抗はあったようだが「アーティスト性を考えた結果、歌詞を変えずに行くことに決めました。メディア関係者の方からも『全然大丈夫ですよ。今までにも『おっぱい』を入れた歌って、多々ありましたしね(笑)』と、逆に励まされることもありました」とし、そのまま「おっぱい」歌詞を採用したという。
 また「梅雨明け宣言」PV撮影時のエピソードとして、メンバーのCLIEVYは「ギャルズ達にとても気をつかいました(笑)。プールの中が40度近くあったので暑いし撮影も時間もかなり長かったのでテンションを維持してもらわねば!ってことがね~。でも“おっぱい”が元気をくれました」とサラリと応える余裕っぷり。
 これまでにも、沖縄地方の梅雨明けに合わせて着うた先行配信、国民的人気キャラ、ヤン坊マー坊がPV初出演、日本気象協会で「梅雨明け宣言」など、とにかく話題に事欠かないC&K。この勢いを落とすことなくメジャーデビュー日を迎えそうだ。