et-20100729-03.jpg 7月にパリで開催された、ヨーロッパ最大の日本フェスティバル「JAPAN EXPO 2010」でライブパフォーマンスを披露し、注目を浴びた奈良発のテクノポップバンド「√thumm(ルートサム)」がセカンドアルバム「yamatopia」をリリースする。
 ルートサムは、lio(Vo,Key,SynBa)、sujin(Gu,Prg)、しまーる(Dr)、そしてマスコットキャラクターのジャッピー(日本を幸せにする)からなるオリエンタルテクノポップバンド。
 目を瞑れば奈良の風景が浮かんでくるような“和”のメロディーと歌詞、打ち込みのリズムと生のドラムが気持よく共存したスタイルは、今回の「JAPAN EXPO 2010」でヨーロッパのオーディエンスから大喝采を浴び、終演後にはサインを求めるファンが殺到。そして、日本での発売よりも先行して「itune store FRANCE」での配信が急きょ決定した。
 現在の彼らの勢いを示すように、昨年リリースしたファーストアルバム「coton」から、わずか7カ月での発表となる今作に収録されている楽曲「harukami」が日本テレビ「漱石の犬」(毎週金曜日26時)の7月テーマソングとして起用されるなど、日本でも要注目の存在に。パリっ子を熱狂させた彼らが、いよいよ日本をも席巻する。