crimson-b.jpg 茅ヶ崎を中心に活動するロックバンドのクリムゾントリックスターズが21日に、通算2枚目となるアルバム「Beyond Baybridge」をリリースした。前作から1年。進化した彼らの音源が到着した。
 夏到来で活気に沸く茅ヶ崎を主戦場に活動するクリムゾンが新作を発表した。前作に引き続き、めんたんぴん佐々木忠平氏によるプロデュース。収録6曲が横浜・茅ヶ崎を舞台にしたストーリー仕立てであり、灼熱の太陽を彷彿させるような弾けるロックビートに、どこかで聞いたことのある懐かしさただようローカル的な要素が融合する。前作より前のめりで、ケールアップした内容といえる。
 また、同作のリリースに伴い、9月7日には茅ヶ崎市民会館でワンマンライブを決定した。「クリムゾンだよ!全員集合!!Vol.3 ~茅ケ崎で逢いまSHOW~」と名を打ち、茅ヶ崎を盛り上げる構えだ。