プリンのかぶりものにサングラス、スーツ姿で人気の男性デュオ・東京プリンの牧野隆志さん(46)が24日、自身のブログを更新し「今年の6月28日、肺がんと診断されました」と肺がんを患っていることを明らかにした。

 ブログによれば、6月中旬に胃に痛みを感じ病院で診察を受けたところ「心臓と肺に水が溜まっており心臓の方はすぐに抜かないと心不全をおこす」と診断され緊急手術を受けた。その後も両方の肺から水を抜き出す手術を受けたが、原因究明のために行った調査で、がん細胞が見つかり、レントゲンやCTスキャンの結果、肺に悪性腫瘍(しゅよう)が発見された。

 牧野さんは「当初はがん宣告をされてもにわかには信じられなかったのですが<中略>診断は間違いないという結論になり、僕自身、しっかりとこの病気と向き合う決意を固めた次第です」とし、「そのため、報告するのが今になってしまいました」と心境を綴っている。

 来週から化学療法の治療に入る予定で「いろんな人から相当、辛い治療になると脅かされています。でも耐える自信はあります。僕自身、覚悟を決めたということもありますがそれよりも、もっと勇気をもらっているのは『光』です」とし、「僕にとって『光』とは『家族、友人』と『仕事』です。この治療の先には家族や友人が待っている、乗り越えると、用意して頂いている仕事があると思うと心穏やかに治療に専念でき、いい結果が必ず出ると信じています」と決意を綴った。