et-20100725-05.jpg ロックンロールバンドAC/DCのマスコット的存在とも言えるアンガス・ヤングの自画像キャラクターが、日本で待望のフィギュア化されることが決定。そのフィギュアが、今年でオープン10周年を迎える「Sony Music Shop」にて超限定発売されることが分かった。
 世界最強のロックンロールバンドと言われ、今年3月の来日公演では一夜にして日本中のロック・ファンを魅了したAC/DC。そのAC/DCの中心人物で、学生服を身にまとったギタリスト、アンガス・ヤングが自ら描いた自画像キャラクターが、時空を越えて遂にフィギュア化された。1979年に制作された幻のロード・ムービー「LET THERE BE ROCK」に登場したり、ツアーのパンフやツアーのオープニング・ムービー、パソコンのアイコン、AC/DCグッズ等々、その後、姿かたちを変えながらも長きに渡りファンの間で愛され続けたアンガス自画像キャラクターのフィギュア化だけに注目されそうだ。
 このフィギュアはANTHRAXやSODのフィギュアなど、その活躍は世界を又にかけミュージシャン本人はもちろんのこと、どのファンからも世界規模で絶大なる支持を受けている大阪発のTOYブランド、MADTOYZのKENNY氏が監修を手掛けたことも大きな注目ポイントだ。
 このレアフィギュアは、8月11日より「Sony Music Shop」限定にて販売されるが、完全生産限定品だという。「Sony Music Shop」は、現在オープン10周年を記念して「Sony Music Shop 10th Anniversarry 2010 SUMMER」キャンペーンを実施中。AC/DCは、映画「アイアンマン」の主題歌が決定したのを受けて、1976年から2008年までの間に発表したアルバムから15曲をコンパイルしたアルバム「アイアンマン2」が販売されている。