et-20100721-02.jpg 人気ヒップホップユニットのHilcrhyme(ヒルクライム)が19日、東京・渋谷WOMBでデビュー1周年記念イベント「亜熱帯」を開催した。
 チケットが5分でソールドアウトしたという人気の公演だけあって、会場はパンパンに膨れ上がった状態。背後にTOC直筆の、かなり達筆な毛筆で書かれたイベントタイトル「亜熱帯」が掲げられたステージには、オープニングにDJとしてDJ KATSUが登場。熱気に満ちた会場にDJ KATSUが登場するなり、観客が一気にDJブースに集中した。
 まずは、今年デビューした話題の新人・舞花、佐渡出身のシンガーソングライター上松秀実の2組がゲストとして出演し、ファンを盛り上げると、お待ちかねのHilcrhymeが登場。今年発売したヒットシングル「大丈夫」「ルーズリーフ」、1stアルバム「リサイタル」収録曲「RIDERS HIGH」他全14曲をパフォーマンスした。ライブ中は、「1周年おめでとう~!!」とファンの声が飛び交うなど、終始温かい雰囲気に包まれていた。
 最後は、CLOSING DJ TIMEにDJとしてTOCが登場。「キャーッ」とDJいう声援と共に、ブースにファンが押し寄せて更に会場はヒートアップ。大いに盛り上がって幕を閉じた。デビューしてからこれまでの階段を駆け上がってきたHilcrhyme。2年目にむけて良いスタートが切れたようだ。