人気グループKAT-TUNからの脱退が濃厚であると報じられた赤西仁さん(26)が20日、公式サイトを更新し「ソロ活動をしていくことになりました」と正式に脱退することを明らかにした。スポーツ紙各紙が21日伝えた。
 報道によれば、脱退に至った理由として「強いて言えば方向性の違いでしょうか。決してメンバーが嫌いだからとか、人間関係のねじれとかではないのでご安心を(笑)みんな好きですよ」とし、メンバーとの間に問題は無かったことを強調した。
 また「KAT-TUNには大きいこと、小さいこと、今までいろいろ迷惑をかけました。ごめん。ありがとう。そして楽しかった」と振り返りながら、ファンに向けて「何より応援してくれているファンの皆様に混乱を招いた事、本当に申し訳なく思っております。すみませんでした」と謝罪した。
 赤西さんの脱退については先日、スポーツ紙各紙が、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長が脱退を認める意向であると報じていた。
 現在、赤西さんは、米国でソロ活動を続けており、今後については「歌、芝居、ダンスを続けていきます。ただ自分的にはLA公演のように、アメリカ、アジア、ヨーロッパなどいろいろな国も視野に入れて活動できればいいなと思っている次第でございます。もちろん日本でもガンガン活動していきたい」と、ソロ活動に意欲を示した。