et-20100716-01.jpg 活動休止中の東方神起のメンバー、JUNSU(ジュンス)さん、JEJUNG(ジェジュン)さん、YUCHUN(ユチョン)さんの3人による新ユニットが6月に行った、京セラドーム大阪と東京ドームでの2大ドーム公演「THANKSGIVING LIVE IN DOME」のライブ音源が、14日から、音楽サイト「mu-mo(ミュゥモ)」で独占配信が始まった。
 配信が始まったライブ音源は、「いつだって君に」、「Get Ready」、「Long Way」、「W」の4曲で、いずれも3人でスタートを切ってから作られた新曲であり、ドーム公演仕様にアレンジを加えたもの。
 特に、ライブのオープニングを飾った「いつだって君に」は、“君だけに逢いたかったよ…”という歌い出しで始まり「つらいことも不安になったこともあったけど、君の支えがあったから、僕は今ここにいる」と、彼らの心境が反映された楽曲となっている。
 「Get Ready」はハッピーでアップテンポな楽曲、「Long Way」は新たな出発の決意ともとれる、ボジティブな歌詞が印象的。そして、「W」はステージのラストを飾り、メンバーの熱唱で会場を感動の渦に巻き込んだ話題のナンバーだ。
 このライブでは4日間の開催で約20万人を動員。チケットには100万件以上の応募が殺到したため入手できなかったファンも多かった。後日行われたライブ映像の配信では、世界40カ国で、合計130万再生という視聴を記録した。
 7月28日には、新たな一歩を踏み出そうとする3人の旅立ち前の自分探しの旅を映像化した、彼ら3人によるドキュメンタリー・ロードムービー「3HREE VOICES」がリリースする予定。新たなスタートを切った彼らのこれからに注目が集まる。