et-20100713-01.jpg ロックギタリストの布袋寅泰さんが9日、東京・有明の「Zepp Tokyo」で単独公演を行った。2月10日に自宅で左腕を怪我し追加公演ツアーファイナルを中止して以来、5カ月ぶりのステージ。「スリル」「BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY」や4月に無料配信した楽曲「THANK YOU」など、超満員2700人の観客の前で全20曲を演奏した。
 「布袋寅泰 復活祭」と称した今回の単独公演には、前回の「ROCK A GO! GO! TOUR」のサポートを務めたドラム中村達也さん、キーボード小島良喜さん、ベース・ナスノミツルさんが再結集した。
 今年1月24日に「HOTEI 2010 / ROCK A GO! GO! TOUR」と冠したツアーをスタートさせたが、2月10日に自宅で左腕を怪我し、14日Zepp Fukuoka、18日Zepp Tokyoにて開催を予定していた追加公演ツアーファイナルの公演を中止。
 長きリハビリを経てソロのライブとしては2月7日Zepp Sapporo公演以来約5カ月ぶりに復活を果たし、3ピースの編成で、約2700人の超満員の観客の前で熱演した。この日のライブのイメージは「BEST OF HOTEI」、新旧織り交ぜた内容となった。
 このライブはUSTREAMにて全世界に生中継され、最大同時視聴者数約6100人、トータル視聴者数約6万1000人、同日の同時視聴者数世界1位を記録した。
 今後は、7月17日にZepp Fukuokaにて「復活祭」を、8月27日に東京LIQUIDROOMにて、「TOMOYASU HOTEI Monthly Live Vol.1」を行う予定である。