et-20100707-05.jpg スタジオ・ジブリの最新作「借りぐらしのアリエッティ」(17日公開、東宝系ロードショー)の主題歌「Arrietty’s Song」を歌う、フランス出身のハープ奏者セシル・コルベルさんのオリジナルアルバムが7日、2タイトル同時発売された。
 セシル・コルベルさんは1980年、フランス生まれのケルト民族音楽歌手兼ハープ奏者。トラディショナルなケルティック・ハープの演奏とフレンチポップ的な甘い歌声のマッチングが不思議と心地好く響く。これまで、オーストラリア、ドイツ、ベルギー、スイス、イタリア、オランダ、チェコ、ポーランド、アメリカなどでコンサートを開催するなど、ワールドワイドな活躍を続けるアーティストだ。映画「借りぐらしのアリエッティ」主題歌では、日本語詞にも挑戦し、今、彼女は日本でも大きな注目を集めている。
 そんな彼女が、日本市場向け作品として7日にリリースしたのは、美しいケルティックハープを基調に“ケルト民族ポップフォーク”の世界を伝える「SongBook 1」(2006年)、「SongBook vol.2」(2008年)の2作品。
 今回発売される日本盤には、それぞれ1曲ずつの書き下ろしのボーナストラックが収録されており、解説、和訳も交えて紹介されている。神秘的なハープの音色の狭間に揺れるヴォーカルと繊細で儚くも美しい歌声に秘められた情熱とスピリッツ。天性の美しい歌声と幻想的なサウンドが織り成すファンタジックなケルト・ポップ。フランスのブルターニュ発という特性を活かしたマカロニック&フォークロアな世界が同時に堪能できる作品に仕上がっている。
 また、「SongBook vol.2」は、セシルさん自身がかねてから敬愛していた日本のスタジオジブリに、手紙を添えてそのアルバムを送ったところ、なんと鈴木敏夫プロデューサーから連絡があり、次のジブリ作品の音楽を作ってくれないかと依頼されたというエピソードがある作品で、もちろんそれが、前述の「借りぐらしのアリエッティ」の主題歌に繋がることになる。