et-20100704-04.jpg MAY’S、CLIFF EDGE、クレンチ&ブリスタなど、R&B、ヒップホップの旬なアーティストが多数所属するレーベル「Venus-B(ヴィーナスビー)」の所属アーティストが一堂に出演する夢の豪華レーベルイベント「Venus-B Night 2010」が7月1日、東京・渋谷duoで開催された。
 レコチョクの企画ページにて行われた1000組以上の応募の中から抽選で選ばれた150組300人だけが招待された一大イベント。MAY’S、CLIFF EDGE、クレンチ&ブリスタに加え、今年メジャーデビュー予定の期待の新人アーティストLily.(リリー)、Sweet Licious(スウィート・リシャス)、更にオープニングアクトとして中村舞子と計6組が出演し、梅雨空を吹き飛ばすアツいライブを展開した。
 7月21日にメジャーデビューが決定している新人アーティストLily.は「待ちに待った『Venus-B Night 2010』。みんなのハッピーな声が聞けて、Lily.もハッピーです!!」と、お披露目の場に立てたことへの喜びを爆発させた。この日は、発売直前に急遽楽曲を差し替えたという異例の対応で話題となったデビュー曲「遠く離れた場所で feat. C」を含む、計3曲を披露。“新世代歌姫”と呼ぶに相応しい歌唱力は、観客を圧倒していた。
 続くCLIFF EDGEは、いつも以上にノリノリのステージを展開。期間限定配信曲として話題を呼んだ「男女のすれ違ひ(2010)」や、LISAをゲストに迎えての「Back Stage Pass feat.LISA」などで、客席を熱くすると、JUNから9月8日に3rdアルバムがリリースされることが発表され、観客からは大きな声援が沸き起こった。そしてニューアルバムに収録される新曲「NO LIMIT」を初披露。現在エベレスト単独無酸素登頂を目指している、アルピニスト栗城史多(くりき・のぶかず)さんに触発されて作ったという「限界というのは自分で決めているものであって、本当はない」という強いメッセージが込められたアツイ応援ソングは、客席をさらに加熱させた。
 そして、この日のトリを飾ったのは、MAY’S。7月2日にデビュー2周年を迎えるというMAY’Sは、ヒット曲「ONE LOVE ~100万回のKISSでアイシテル~」をピアノバージョンで歌い上げると、続く「永遠」を一部マイクなしのアカペラで披露するなど、特別な一夜にふさわしいスペシャルライブを繰り広げた。また、この日はMAY'Sからも嬉しいサプライズプレゼントが。8月25日に、2010年第1弾となるシングルをリリースすることが片桐舞子の口から告げられると、客席はこの日一番の盛り上がりを見せた。「こうして2年間やってこられたのは、応援してくれるファンのみんながいたからこそ。私たちを支えてくれるみんなのそばにいつもいたい気持ちを音楽を通して伝えられたら、という思いを込めた曲です」と、新曲「遠くへ ~Spread Your Wings~」を紹介し、初お披露目。舞子の伸びやかな歌声に、会場全体が魅了されていた。