et-20100704-06s.jpg 7月7日に新曲「アイコトバ」をリリースする女性ボーカルユニットRSP(アールエスピー)が、デビュー3年半にして初の海外ライブ公演を行った。AKB48やSophia、BENIなどと共に参加した米国カリフォルニア州ロサンゼルスで7月1日~4日まで開催される「アニメエキスポ2010」からの出演オファーを受け、実現したもの。
 メイドなど様々なキャラクターのコスプレイヤーが約1500人も集まる独特な雰囲気の中、「まいど~!!」Aiのかけ声と同時にライブがスタートした。「Lifetime Respect-女編-」のイントロがかかると会場は一気に盛り上がる。MCもたどたどしくも英語でこなし、「英語はへたくそですが、、いや、日本語も苦手なんですが…」と笑いをとる場面も見られた。
 7月7日リリースの新曲「アイコトバ」も披露し、訪れたファンは大喜び。最後はアニメ「BLEACH」のエンディングテーマとなった「感謝。」を熱唱し、大合唱のうちにステージは終了した。終演後ステージからの記念撮影ではRSPオフィシャルポーズの“ニャン”も海外初披露。メンバーAi、Sakiとも初めての海外で、アメリカのファンと笑いあり感動の涙ありの交流となったようだ。
 RSPが、7月7日にリリースするニューシングル「アイコトバ」は、不器用な女の子が主人公のあったか恋愛ソング。お互いにいいとこも、ちょっと…なところも全部ひっくるめて「ええよ」って受け入れあえる幸せ、「掃除洗濯料理はできないけど」という不器用な面がありながらも夢を追いかける彼のために一生懸命頑張る姿に共感必至の、RSPらしいしあわせ感満載の一曲だ。
 曲の冒頭に、小倉優子の関西弁のセリフが入っていることでも注目を集めているこの曲は、現在着うたフルが先行配信中。