et-20100701-01.jpg 平成生まれの演歌歌手、さくらまやさん(11)が6月30日、声優に初挑戦したアニメ映画「それいけ!アンパンマン ブラックノーズと魔法の歌」、「はしれ!わくわくアンパンマングランプリ」(7月10日公開)の宣伝大使として、横浜アンパンマンこどもミュージアム&モールの1日館長に就任した、アンパンマンたちと共に、ミュージアム&モールをパトロールを行った。また「アンパンマンのマーチ」を演歌バージョンで歌った。
さくら:横浜アンパンマンこどもミュージアム&モールには初めて来ました。
いっぱいお店があって、アンパンマンのグッズなど買って帰りたいです。
好きなキャラクターを聞かれると
さくら:子どものころはしょくぱんまんが好きでしたが、今はアンパンマンと、かびるんるんが好きです。
花の妖精マギー役に挑戦してどうでしたか?また点数をつけるとしたら何点ですか?
さくら:普通何かモノを食べるとき、もぐもぐ言わないですよね?アフレコの時はもぐもぐと言ったりするところが難しかったです。点数をつけるなら100点です!でも自分の声を聞くのが恥ずかしいので、こっそり映画館に観に行きたいと思います。
どんなところを観て欲しいですか?
さくら:クリームパンダちゃんとマギーちゃんが一緒に頑張るところやマギーちゃんの心の変化を観て頂きたいです。歌を歌うよりも声優の方がずっと難しかったです。今回「アンパンマンのマーチ」演歌バージョンを歌ったのですが、盆踊り風になっていて嬉しかったし、演歌は得意なので歌いやすかったです。
昨日サッカー日本代表戦について聞かれると、
さくら:日本が負けてしまったのは残念でした。私はあまり詳しくないのですが、試合をテレビで見た友達は「感激した」と言ってました。
もうすぐ七夕ですがどんな事をお願いしたいですか?と聞かれると、「歌がずっと歌えますようにお願いしたいです」と答えた。最後に理想の男性のタイプを聞かれると「男らしい人やアンパンマンの様に勇気がある人が良いです。今は好きな人はいません」と恥ずかしそうに答えていた。
1日館長のさくらさんを見ようとたくさんの親子連れが集まり、イベント中には小さなお子さんたちや親御さんに「まやちゃん頑張ってね」と応援され、笑顔で答えていた。