et-20100630-03.jpg 男性ボーカルユニットのC&Kが26日、神奈川・逗子海岸の特設スタジオ「音霊」でライブを実施。観客300人と共に振り付け付きで新曲「梅雨明け宣言」を熱唱した。
 C&Kは、CLIEVY(クリビー)とKEEN(キーン)からなる男性ボーカルユニット。湘南・横浜エリアを中心に活動。デビュー前から親交のある九州男のミニアルバムに参加したことをきっかけに、08年2月に、九州男メジャー第1弾シングル「1/6000000000 feat.C&K」にフィーチャリングとして参加。オリコンシングルチャート12位を記録し、注目を集める存在となった。
 インディーズシーンで着実に人気を集め、8月4日には待望のメジャーデビューを果たす。この日披露した「梅雨明け宣言」はメジャーデビューシングル。まさに夏到来を予感させるタイトルとなっており、北上していく日本全国の梅雨明けに合わせて、毎週着うたの別バージョンを配信している。
 そして何より、アーティストとしての真価が問われるライブ・パフォーマンスで評価が高いのも魅力のひとつ。インディーズ時代より、全国各地の大型フェスに参加し圧倒的なライブパフォーマンスを繰り広げつづけ、09年3月には初のワンマンライブを代官山UNITで敢行しチケットは即完。09年4月からは盟友九州男と全国Zeppツアーを共にまわり、延べ1万人を動員した。
 この日は代表曲や懐かしいナンバーを含め全9曲を披露。何より盛り上がったのが新曲「梅雨明け宣言」だ。ライブでの披露は数回のみであるにも関わらず、C&Kファンは勿論のこと、その日会場にいた観客300人以上が「梅雨明け宣言」のサビの振り付けを真似してダンスし、会場一体となって大盛り上がりとなった。関東地方はまだ梅雨明けしていない中でのライブとなったが、会場にいた観客だけは「梅雨明け宣言」で、夏一番乗り出来たようだ。