俳優や歌手として日本でも人気の韓国出身のパク・ヨンハさん(32)が30日、午前5時半ごろ、ソウル市内の自宅で死亡しているの発見された。韓国の聯合ニュースが同日伝えた。
 地元警察によると、パクさんが自室で携帯電話充電器のコードで首をつり、亡くなっているのを母親が発見したという。同日午前0時40分ごろ、胃がんの父親の身体をさすりながら、家族に「ごめん」と言い残し、自室に入ったとされている。警察では今後、死亡経緯について遺族の供述をもとに、調査を進めていく。
 パクさんは、日本でも放送され話題を集めたドラマ「冬のソナタ」などでブレーク。俳優の傍ら歌手としても活躍し、日本においては08年に、第22回日本ゴールドディスク大賞「シングル・オブ・ザ・イヤー(洋楽)」「ザ・ベスト・エイジアン・アーティスト」を受賞している。