et-20100630-02.jpg 7月21日にメジャーデビューするR&B歌手のLily.(リリー)が早くもチャートを席巻している。先月12日からの1カ月間限定で行った楽曲「遠く離れた場所でfeat.C」の着うたフル配信が、レコチョクの日別ランキングで6位、クラブフル週間ランキングで1位、ジョイサウンド歌詞日別ランキングで1位を獲得した。また、5月26日発売のWonderGOO数量限定販売プレデビュー・プレミアムCDでも1週間で完売という勢いを見せつけた。
 この異例の盛り上がりを受け、予定していたデビュー曲を急きょ差し替えを実施。「遠く離れた場所でfeat.C」をメジャーデビューシングルとして7月21日にリリースすることが決定した。そして、6月30日からレコチョクで着うた配信がスタートすることになった。
 Lily.は、自らレ-ベルに送ったデモテープがきっかけで、7月21日にVenus-B/KING RECORDS(MAY’S、CLIFF EDGE、クレンチ&ブリスタらが所属するR&B・ヒップホップレーベル)からメジャーデビューが決まったR&B歌手。その歌声には、日本音響研究所の鈴木松美所長も「美空ひばり以来」と立証済の癒し成分「1/fのゆらぎ」があり、透明感のある癒しの歌声、人々の琴線に触れる歌声はまさしく「女神の声」と賞賛されている。そしてその歌声からは想像も出来ないようなキュートなルックスも加わり、新世代歌姫として今後の活躍を十分に予感させ、期待が非常に高まっている。
 このデビュー曲は、Lily.も自ら作詞を手がけた「遠距離恋愛」をテーマにしたセツナソング。そのリアルな歌詞への共感も高く、女子高生が楽曲を試聴し、好きな楽曲を選ぶランキング番組、有線放送キャンシステム「SHIBUYA teen’s kurucore RANKING」でも7月期、ダントツの記録で1位を獲得したことからも若年層の女子が注目している楽曲と言える。
 加えて謎の男性アーティスト「C」とのコラボレーションもウェブ上で話題となっており、デビュー前よりこれほどの反響を呼んだようだ。
 「C」もさることながら、Lily.の実態も未だ明らかになっていないなか、7月1日に渋谷duo MUSIC EXCHANGEで行われるVenus-Bのレーベルイベント「Venus-B Night 2010」でそのパフォーマンスを初披露する。