et-2010629-02.jpg ハワイアンレゲエユニットのSafarii(サファリ)が27日、都内で、新曲「Rain」の発売記念イベントを行い、“雨男”と“雨女”50人を招待し、雨が降るかの実証を試みた。
 自称“晴れ男晴れ女”のサファリ。2008年8月のデビュー以来、今まで約50回の野外イベントに出演してきたが、雨に降られた経験はない。そこで新曲「Rain」をダウンロードしたユーザーの中から、「我こそは、雨男・雨女」と思う人を募集し、抽選で選ばれた25組50人と、「雨男雨女VS晴れアーティスト」の実証イベントが企画された。
 サファリは「僕らは数々のイベント、ライブを晴れさせてきました。今回も自信があります!」と自信満々の様子で「勝負しましょう!雨が降って、僕らが負けたら当日来ていただいた皆さんに自腹で特別なプレゼントをします!」と、“負けた”際には、サファリメンバーが実費負担し、観客へプレゼントするとも豪語した。
 サファリは「みなさーん、こんにちは。晴れ男晴れ女のサファリです!今日は皆さんと対決デス!降水確率は50%!」という挨拶とともに、イベントが開始された時の天気は「雲り」。天気にちなんだトークも交えつつ、新曲「Rain」を含む計7曲をパフォーマンスし、会場を大いに沸かせた。
 イベント中は、雨が降ったり止んだりのまさに一進一退の攻防戦?。途中太陽が出るほど晴れる場面も見られたが、最終判定となるイベント終了時に、僅かながら雨パラつき、結果は、雨男雨女の見事(?)勝利に終わった。公約通り、自腹購入の直筆サイン入り「折り畳み傘」を観客と握手しながら、全員に手渡しした。