美男ですね
日本初のファンミーティングで主題歌などを熱唱したチャン・グンソクとパク・シネ。約4000人が熱狂(写真・Takahiro Yamada)
 フジテレビ系「韓流α」での地上波初放送が決まった、韓国ドラマ「美男<イケメン>ですね」の日本初ファンミーティングが26日、東京渋谷区のC.C.Lemonホールで開催され、主役を演じるチャン・グンソクさんとパク・シネさんが登場。約4000人のファンを前に、主題歌などを歌い上げ、イベント終了間際には熱く抱擁した。
 チケット約4000枚は発売と共に即完売という人気ぶりでイベント当日を迎えた。会場には、開場の4時間前から多くの人で溢れかえり、グッズを購入したり、記念撮影をする人などで賑わった。
 ドラマのVTR映像がスクリーンに映りイベントがスタート。ファン・テギョン役のチャン・グンソクさんと、コ・ミナム役のパク・シネさんが揃って登場した。代表曲とも言える「相変わらず」を歌い上げ観客の心を掴んだ。大歓声の鳴り止まないまま、トークショーへと移り、ファンからの事前アンケートによるドラマのBEST10を発表。思い出に残るシーンや名シーンのエピソード話で、大いに盛り上がりを見せた。
 そんな興奮に包まれた会場が更に盛り上がりを見せた。今回、イベントに出演できなかった、ドラマ中のアーティストであるA.N.JELLメンバーの2人がVTRで登場。カン・シヌ役で人気を博したジョン・ヨンファさんは、本格的なドラマは初出演でもあり「2人には、いろいろな事を教わった。いつもありがとう」と感謝の言葉。また、ジェルミ役を演じた、人気バンドFTIslandのボーカル、イ・ホンギさんは「ゲスト出演が必要であれば、連絡ください!次は一緒に日本へ行きたいです」ユニークなコメントで語り、次回の出演に意欲を示した。
 2人のソロライブも白熱。パク・シネさんが「Lovely Day」などを熱唱。そして、チャン・グンソクさんのソロライブでは、2曲目「どうしましょう」の終盤で、一気に興奮度が高まる。客席が一斉に照らされ、観客が見守る中、チャン・グンソクさんが客席にいるパク・シネさんの元へ。彼女を熱く抱き寄せた。会場全体の“胸キュン”モードは最高潮と達した。
 パク・シネさんのダンスで会場が最後の盛り上がりを見せた後、2人の私物をプレゼントするコーナーでは、会場全体が一喜一憂。そのまま2人は、ドラマの主題歌である「約束」を歌い上げ、大きな拍手と声援と共にフィナーレを迎え、大盛況の内、幕を閉じた。