et-2010623-06.jpg 実力派シンガーソングライターとして呼び声高い熊本出身の舞花さん(19)が、熱血教師のシンボルである俳優の山下真司さん(58)と共に、東京・恵比寿で、ライブ「大人直前特別ゼミ&LIVE」を開催。会場に集まった同世代の学生達に向けて、舞花さんは新曲に込めたアツいメッセージを生演奏で伝え、山下さんからはアツい講義でエールを送った。
 このイベントは23日にリリースした舞花さんのセカンドシングル「教えてよ~miseducation~」に込められた、「愛や夢を、もっと教えてよ」という10代ならではの葛藤とメッセージをぶつける若者代表の舞花さんと、そんな迷える10代を熱く指導する熱血先生のシンボルであるスクール☆ウォーズの山下真司さんによって開催された特別講義である。
 会場には多くの同年代の大学生が席についてイベントに参加し、その様子はまさにキャンパスの授業風景。学生達が特別講義の開講を待ちわびるなか、挨拶代わりに始まったのは若者代表・舞花さんの生演奏。「多感な若者に対して、枠組みを決め付ける大人達に対する等身大のメッセージです」と新曲「教えてよ~miseducation~」を迫力の歌唱力で歌い上げ、会場の学生達の共感を呼びアツい拍手がかえってきた。
 そんな救いを求める10代の気持ちに応えるかの様に登場した熱血教師・山下さんの講義では、スクール☆ウォーズ撮影当時の話も織り交ぜながらも、名台詞『俺はこれからお前達を殴る』というメッセージの裏にある、大人が子供に向ける本気の愛について語った。また舞花さんからの「山下さんにとって理想の先生とは」という質問に対して、スクール☆ウォーズのモデルとなった実在の教師のエピソードを引き合いに「大人は厳しくも熱く、そして冷静に愛を伝えないといけない」と語り、舞花さんは「山下さんみたいに熱い親・先生が増えてくれたらいいな」と語り会場の学生も大きく頷いた。
 講義の最後に改めて舞花さんが「教えてよ~miseducation~」を熱唱すると、山下さんから「歌は当然ながら声がいい。世界一のシンガーになるというくらい大きな夢を持って頑張って下さい」とエールを送られ、講義に参加した若者、そして山下さんをも魅了して終了した。
 そんな舞花さんの無料メルマガ会員に登録すると現在、新曲「教えてよ~miseducation~」を含む着うたが無料でもらえるキャンペーンも実施中。