布袋寅泰 ロックギタリスト布袋寅泰さん(48)が、人気アニメ「北斗の拳」の新イメージ曲を手掛けたことが分かった。これまでクリスタルキング「愛をとりもどせ!!」を始めとして、様々な楽曲が使用されてきたが、世界屈指のギターサウンドで新たな息を吹き込む。
 布袋さんにとって、単独名義では05年4月以来となる、5年ぶりのニューシングル「STILL ALIVE」(8月4日発売)は、大ヒットアニメ「北斗の拳」との夢のコラボレーション作となった。
 「北斗の拳」は、1983年「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載が開始され、1984年よりテレビアニメの放映がスタートすると、そのブームは社会現象にまで発展し、未だに様々なメディアを通じてその世界観やファン層を広げ続けている。これまでにテレビアニメや映画の主題歌としては、クリスタルキング「愛をとりもどせ!!」を筆頭に様々な楽曲が使用されてきた。
 今回、「北斗の拳」の新しい楽曲イメージを求めていた原作者である原哲夫氏の要望から、作詞・森雪之丞さん、作曲・布袋寅泰さんによる「STILL ALIVE」が誕生した。この楽曲は、「北斗の拳 201X」テーマソングとして、今後様々な関連のプロジェクトにて使用されていく予定である。
 更にカップリングには、「愛をとりもどせ!!」の布袋さんによるギターインストカバーが収録され、さらに、ジャケット写真は原哲夫氏のオリジナル描き下ろしイラストが使用される。また、楽曲制作と並行して、Monthly Live実施が決定になるなど、精力的にライヴスケジュールも組まれており、布袋さんとしての201X年も期待される。