et-2010622-01.jpg
前回開催の模様(写真・原田直樹)
 石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージ(小樽市銭函5丁目)で行われる、真夏の夜の祭典「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2010 in EZO(ライジング・サン・ロック・フェスティバル)」(8月13、14日開催)の第3弾出演アーティストが発表された。今回は39組のアーティストを追加発表。第1弾、第2弾と合わせてトータル84組となり、ステージ別の発表もあわせて行われている。
 今回の発表では3年ぶり2回目の出演となる矢沢永吉さんをはじめ、初登場の聖飢魔II、the HIATUS、そして北海道初上陸となる、相対性理論。先日9月で散開する事を発表したBEAT CRUSADERS(5回目)や、今年で6回目の出演となるBOOM BOOM SATELLITES、EGO WRAPPIN’ AND THE GOSSIP OF JAXXなど、RISING SUNではお馴染みのアーティストに加え、DOESや9mm Parabellum Bulletといった、今まさに勢いに乗る若手アーティスト達を数多くラインナップ。北海道の短い夏の最後を飾る祭典に相応しい顔ぶれが揃った。
 また、チケットの一般発売が6月26日・土曜日午前10時からスタートする。26、27日の2日間、東京はタワーレコード渋谷店と渋谷パルコ「岩盤」で、札幌はPIVOTにて、東京発着往復宿泊パック(東京のみ)やオフィシャルグッズが多数当たる大抽選会が行われる。追加アーティストは次の通り。
 ◆8月13日出演者 聖飢魔II、KAN、トクマルシューゴ、ROVO、栗コーダーカルテット、TENNISCOATS、OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND、the武田組、ONE OK ROCK、長田進 presents  bar MALPASO(バル マルパソ)※順不同
 ◆8月14日出演者 矢沢永吉、9mm Parabellum Bullet、BEAT CRUSADERS、the HIATUS、BOOM BOOM SATELLITES、DOES、THE BACK HORN、曽我部恵一BAND、相対性理論、EGO-WRAPPIN’ AND THE GOSSIP OF JAXX、PE’Z、yanokami、TAKKYU ISHINO、HIROSHI KAWANABE、TOBY、DJ TASAKA、SHIN NISHIMURA、DEVICEGIRLS、D.W.ニコルズ、Ovall、detroit7、ソウル・フラワー・ユニオン、松竹谷 清&エマーソン北村、川上つよしと彼のムードメイカーズ、バンバンバザール、HIFANA、オレスカバンド、suzumoku、椎名純平&The Soul Force※順不同