ベッキー タレントで歌手のベッキー(歌手名義・ベッキー♪♯)さん(26)が、米アニメ映画「ヒックとドラゴン」の日本語版イメージソングを担当することが分かった。楽曲は、ベッキーさんが同映画のために作詞を手掛け書き下ろしたもので、シングル「エメラルド」として7月20日に発売される。
 映画「ヒックとドラゴン」は、少年とドラゴンの「秘密の友情」が起こす奇跡のアドベンチャーを描いた作品。3月26日に全米公開されるや「アリス・イン・ワンダーランド」を抑えて初登場1位を樹立、さらに全米公開5週目に1位に返り咲くという快挙を果したハリウッド映画。日本では8月7日に公開される。
 映画のテーマである「友情」と「奇跡」。「このメッセージを説得力をもって幅広い世代の人達に伝えられる人物はベッキー♪♯以外にいない!」というパラマウント・ピクチャーズ・ジャパンの熱い思いと、製作のドリームワークス・アニメーションが昨年の「モンスターVSエイリアン」でヒロインの声優を担当したベッキーさんに信頼をおいていた事、そして何より、本作を鑑賞したベッキーさん自身が、この作品に対して深く感銘を受けたことから今回のコラボレーションが決定。試写会での鑑賞後、約1カ月をかけて、オリジナルイメージソング「エメラルド」が誕生した。
 ベッキーさんは「ノートとペンを握りしめながら『ヒックとドラゴン』を観させていただき、その時に書き留めた思い+信念をこの曲に込めました。時間をかけて作った曲です『エメラルド』よろしくお願いします!」とコメントしている。