et-100616-04.jpg ロックバンドFLOWのボーカル、KOHSHIが12日、渋谷C.C.レモンホールで行われたギタリストDAITAの15周年記念ライブ「DAITA 15th Anniversary year series2 THE GUITAR EMISSION D-ISM」で、一夜限りのスペシャルバンドとして出演した。
 このイベントは元SIAM SHADEのギタリストのDAITAが今年メジャーデビュー15周年を記念して行ったものでチケットも即日売り切れのスペシャルイベント。スペシャルバンドにはもちろんギター:DAITA。そしてもう1人のギターにHISASHI(GLAY)、ドラム:ゆうや(シド)、ベース:BOH(BINECKS)が参加し、この夢のような豪華なバンドにヴォーカル:KOHSHIが抜擢された。
 「One Night Special Band」メンバーで4曲を披露。その中でも、SIAM SHADEの「1/3の純情な感情」のカバーを披露した瞬間、客席のボルテージは一気に急上昇。DAITAのギターイントロが流れた瞬間歓声が上がり、会場全体が大合唱に包まれ一つになった。イベント終了後、KOHSHIは「やりきった。緊張したけど、とてもいい刺激になった。こんな素敵なチャンスをくれたDAITAさんに感謝です」と語った。
 6月16日にリリースされたFLOWのオリジナルアルバム「MICROCOSM(マイクロコズム)」のコンセプトはアルバムのタイトル通り“小宇宙”。今までのFLOWとはまた雰囲気の異なる、「HAPPY」だけじゃない悲しさや苦しさも音で表現したアルバムに仕上がっている。収録曲はテレビ東京系アニメーション「NARUTO-ナルト-疾風伝」オープニングテーマだった「Sign」を始め、先月発売されたばかりの「CALLING」も収録。その他にもタイアップ曲が多数収録されており、豪華なアルバムだ。また、5月に発売されたシングル「CALLING」&アルバム「MICROCOSM」のW購入者に抽選で『月の土地』をプレゼントという特典もある。
 そして、FLOWはこのニューアルバムにて、世界進出を果たす。英、独、仏含む欧州43カ国で「MICROCOSM」がリリースされ、米においては、配信がスタート!する。