et-100616-03.jpg 歌手のさだまさしさん(58)が14日、アルバム「予感」の発売を記念したプレミアムライブイベントを、東京・原宿のライブハウスで開催した。
 イベントには、CD・グッズ購入者で「グリーンジャンボさだみくじ」で「大凶」を引き当てた150人が招待されたとあって、さださんは「不幸な人っていうのはこんなにいるんですね(笑)」とコメント。「『大凶』っていうのは、そこがどん底。後は這い上がるしかないんです。今の日本、政府が救ってくれないから、僕が皆さんを救います!!」と力強く宣言した。
 実に25年ぶりというライブハウスでのステージに関してさださんは「こんなに緊張することない。25年ぶりですが、ライブハウスは楽しいですね。お客さんの顔がハッキリ見られる距離感がいい」と、満足げな表情を浮かべていた。この日は、名曲「案山子」のほか、ニューアルバムから「静夜思」、「片恋」を含む計4曲を披露。さだの歌声を間近で聴くという滅多にないチャンスに、客席はうっとりと酔いしれていた。
 19日からは全国ツアーが開始、7月17日には「さだまさしソロコンサート通算3776回記念富士山中湖ライブ」も開催される予定だ。