et-100612-07.jpg 沖縄出身2人組レゲエユニットのGlean Piece(グリンピース)=写真左=が、スティールパングループのPanPopParadise(パンポップパラダイス)=同右=とコラボレーションして制作した楽曲「てのひら」を30日に発売する。それに先立ち9日から着うた配信が始まった。
 Glean Pieceは、UTA(ユウタ)とShin(シン)の2人からなる。2007年の全国デビュー以来2枚のアルバムを発売し、地元・沖縄では2作連続初登場1位を記録。最新曲「TOMODACHI」は、ディズニー・アニメのテレビ朝日系「スティッチ!」挿入曲としても放送中と、地元・沖縄を中心に人気を集めている。
 今回初コラボを果たしたのは、ドラム缶を叩いて変形して作られた楽器「スティールパン」を演奏するインストバンド・PanPopParadise。スティールパンから奏でられる「癒し」と「元気」の音楽は、各方面から熱い注目を集めている男女8人組の音楽集団だ。
 PanPopParadiseと同じく、Glean Pieceの音楽は聴く人たちに「癒し」と「元気」を与えるものであることから、2組はすぐに意気投合。これまで、インストゥルメンタルバンドとして活躍してきたPanPopParadiseの曲に、初めて「歌入り」の曲「てのひら」が誕生することになった。「てのひら」は、地球上で最も癒される音色と言われる楽器・スティールパンと、「てのひらに想いを込めてたくさんの人に気持ちを伝えよう」というGlean Pieceの優しい歌詞と歌声が絶妙にマッチして、聴く人をハッピーな気持ちにさせる一曲に仕上がっている。
 このコラボ曲「てのひら」が収録されているPanPopParadiseの3rdアルバム「そらふる」は6月30日に発売予定。そして「てのひら」は9日より、各主要着うたサイトにて、配信がスタートした。
 Glean Pieceは、7月21日に3rdアルバム「トドケ!!!」をリリースすることも決定。このニューアルバムには、ディズニーアニメ「スティッチ!」挿入曲「TOMODACHI」も収録されている。