bz-010606-01.jpg 人気ヒップホップユニットのHilcrhyme(ヒルクライム)が3日、1週間限定で東京・渋谷センター街にオープンしている「Hilcrhymeカフェ」に事前予告なしで突然訪れ、ファンを驚かせた。
 「Hilcrhymeカフェ」は、6月1~7日の1週間限定で、渋谷センター街の毎週リニューアルする史上初のファストカフェ「iPRESS CAFE」において実現したもの。壁面、店内モニター、メニュー、テイクアウトバック、BGM、BGVなど店内がヒルクライム一色。
 この日、カフェには多くのファンが集まっており、ヒルクライムが突然姿を見せると、店内は一時騒然となった。2人は、店内が全て自分たちのアイテムや音楽に染まっていることに驚きと喜びの表情を浮かべながら、自らがトッピングを考案したというオリジナルドーナツとドリンクを注文。もともと「甘いものが大好き」という2人は、ドーナツを試食して「めちゃくちゃおいしい」と舌鼓を打っていた。
 ヒルクライムは、ドーナツを食べながらくつろいでいるファン達がいるフロアにもサプライズで登場。来店を知らされていなかった人たちからは、悲鳴とも歓声ともつかない黄色い声が巻き起こり、中には驚きのあまり感動して泣き出すファンの姿も見られた。
 Hilcrhymeカフェについて、MCのTOCは「ここまでヒルクライム一色だとは思わなかった。プライベートでここに来るのはちょっと恥ずかしいですが、来てみたい気持ちはありますね」、DJのKATSUは「皆さんがゆっくりコーヒーとかドーナツとかを楽しんでいただけると嬉しいです」と満足気だった。
 また、店内で流れていた新曲「ルーズリーフ」について、TOCは「昨日(2日)リリースしたんですが、着うたの頃から反応がよかったので、ずっとリリースが楽しみでした。毎週ドラマでも流れているのを聴いていたので、早く出ろ!って思ってましたね」と、KATSUも「最初にドラマの話をいただいて2人で協力して書き下ろした曲。そういう経験は初めてだったので、すごく楽しかったです」と、話した。
 TBS系金曜ドラマ「ヤンキー君とメガネちゃん」(成宮寛貴、仲里依紗主演)の主題歌として話題の新曲「ルーズリーフ」は、ヒルクライムにとって初めてのドラマタイアップ曲。着うたフルでも人気を博している。