女優の宝生舞さん(33)が5月31日付で、芸能界を引退したことが5日、分かった。公式ホームページには「芝居の世界では、様々な役として生かされて来たことに深く感謝しております」とし「これからの人生、『宝生舞』としてではなく、また『役』としてでもなく、自分自身をしっかり確立させるため、この度の決断に至りました」と綴るだけで、詳しい引退理由については明言を避けた。
 また、ファンや関係者に向けて宝生さんは「私のわがままな決断を御理解頂ければ幸いです。これまでお世話になった全ての方々に御礼を申し上げ、私の挨拶に代えさせていただきます。感謝」と理解を求めた。
 宝生さんは、大ヒットドラマ「ショムニ」(フジテレビ系)など、これまでに数多くのドラマ、映画などに出演。5月22日に公開した映画「ボックス!」にも市原隼人さん演じる「鏑矢義平」の母親役で出演している。また、1997年11月には、シングル「Carnival」で歌手デビューも果している。