スピッツ

 今年3月にデビュー19年を迎え、4月から始まった全国ツアーも好調のスピッツが、6月23日に、シングル「つぐみ」をリリースする。タイトル曲の「つぐみ」は既にツアーでも披露されている新曲だ。

 スピッツの王道とも言えるポップさと力強さに満ちたロック・ナンバーで、スピッツ史上初の着うたフルでの先行配信(6月9日から、MUSICO独占)も決定している。また、カップリングの「花の写真」はペダルスチール&マンドリンに佐橋佳幸氏を招いてレコーディングされたカントリー・テイストたっぷりの新曲だ。

 そして、特筆すべきなのは現在敢行中の最新ツアーの演奏をいち早く収めたライブ・テイク2曲が収録されているということ。「恋する凡人」は今ライブで披露されているのみの新曲で、なんとスタジオ・レコーディングによる音源より先にこのライブ・ヴァージョンが発表されることになる。

 タイトル曲の「つぐみ」も、ライブ・ヴァージョンを同じパッケージに収録するという新しいスタイルにもチャレンジ。スタジオ・テイクとライブ・テイク、それぞれの異なる魅力を楽しめる一枚となっている。