レミオロメン 結成10周年を迎える人気ロックバンドのレミオロメンが初出演するテレビCM「アサヒスーパードライ スリムボトル」のCMソングが7月28日に発売されることが決まった。タイトルは「立つんだジョー」。メンバー自身「結成10周年の夏を盛り上げるアップテンポなナンバーをファンに届けたい」という思いから楽曲制作が始まった。
 新曲は、「誰もがコーナーに追い詰められているようなこんな時代だからこそ、攻める勇 気やダウンをとられてもなお立ち上がるタフさを持とう、明日を信じて人生を戦おう!」といった詞のコンセプトで、時代をリアルに描写し、聴くと誰もが元気になれる作品になっている。
 デモ楽曲が完成した時点で、すでに歌詞の中に「立つんだジョー」という言葉があり、メンバー間で、このフレーズをそのままタイトルとして使用することで一致し、タイトルが決定した。以下はメンバーとの一問一答。
―「立つんだジョー」について
 レミオロメン 誰もがコーナーに追いつめられると、弱気になって守りに入ってしまうものです。そこで出す攻めの一発の大事さを、アップテンポなナンバーに乗せて、歌って います。聴いてくれた誰もが元気になれるナンバーに仕上がったと思います。
―聴きどころは
 レミオロメン サビのメロディーにのる“弱気になる気持ちも分かるけどいくぜ!”と言う意味 歌詞。Dメロ前のベースソロからの流れも、ぜひ聴いてほしいです。
―現在開催中のツアーについて
 レミオロメン 心の壁を越えて、凄く近いライブにしたい!というのが今回のツアーのテーマです。メリハリのついた構成で、レミオロメンの音楽の様々な表情を届けられている と思います。今後のツアーも、一曲一曲の持ち味を最も生かしつつ、楽しいライブにしていきたいと思っています。