セクシーさ全開の黒木メイサ

 女優で歌手の黒木メイサ(21)が22日、東京原宿で行われた「Girls Award 2010」に出演し、歌手として初めてライブパフォーマンスを披露した。この日は2年8カ月ぶりに“エリカ様”もファンの前に登場。ゴールドと黒の衣装でまとめたメイサさんとは対照的に、シルバー色に身を包み込んだERIKA(沢尻エリカ)さんはダンスのみのパフォーマンスを披露した。

 「Girls Award 2010」は、「ファッションと音楽の融合」と謳った総合ガールズイベント。会場には1万5000人が詰め掛けた。ファッションショーとライブパフォーマンスが混在する形で繰り広げられる中、この日の出演アーティストとして話題を巻き起こしたのは、この日がライブ初披露となるメイサさんだ。

 人気モデル達による華やかなファッションに観客の目が集まる中、急にステージの照明がトーンダウン。名前が表示された会場の大型ビジョンと共にステージに現れ、一瞬にして観客の注目を集めた大勢の観客の歓声が飛び交う中、金色と黒のゴージャスの衣装を身にまとい悩殺ボディを披露したメイサさんは、椅子を使用した独特の激しいオリジナルダンスとともに「SHOCK」を歌い上げた。

 観客の視線をステージに釘付けにすると、続いて披露したのは今夏の盛り上げパーティチューンとして早くも話題を呼んでいる新曲「5-FIVE-」。ランウェイや衣装など、ファッションショーならではの要素を活かした激しいパフォーマンスで会場の熱気は最高潮へ。一気に「ショー」から「ライブ」という空間へ、会場の空気を変えてみせた。

 パフォーマンスが終了すると、惜しむかの様に会場からは拍手喝采!女優・タレントとして世間を賑わすメイサさんだが、圧巻のダンスと歌声によって“アーティスト”としての実力を観客に魅せ付けた。

 この日は他にも西野カナさん、青山テルマさんというトップアーティストに加え、ERIKA(沢尻エリカ)さんもライブを披露。ERIKAさんは約2年8カ月ぶりにファンの前を登場し、共に初の生ライブ披露ということで、メイサさんと注目されていたエリカさんは負けじと、シルバーの衣装を身にまとい悩殺ボディでダンスパフォーマンスを披露。歌唱はなかったが会場を見事に盛り上げ、メイサさんとともにイベントを沸かせた。