et-010522-01.jpg MAY’S、KG、CLIFF EDGEが参加したユニット「NATURAL8(ナチュラルエイト)」のリーダーを務めたSHIKATA(シカタ)が、いよいよ本格始動を開始する。
 2007年にMAY’S、KG、CLIFF EDGE、SHIKATAが結成した「NATURAL8」は、今や伝説とも呼ばれるユニット。リリースしたアルバム「GOLDEN SHUFFLE」が3万枚と、インディーズとしては驚異的なセールスを叩き出し、絶大な人気を誇ったことは記憶に新しい。
 そのユニットでリーダーを務めたのが、SHIKATAだ。これまで、BIGBANGや後藤真希、PlayZなど、幅広い有名アーティストに楽曲・詞を提供する傍ら、プロデュースもこなすSHIKATA。シンガーとしても「Sweet Soul」の歌唱法で、情感のある歌を奏で、心に響く音を追求している彼が、この度本格始動するということで、大きな話題を呼んでいる。
 3月30日に、本格始動第一弾としてリリースした配信限定シングル「U~サクラの頃~」は、レコチョクのクラブうたチャートにて、デイリーチャート3位、ウィークリーチャートでは5位を獲得するなど、スマッシュヒットを飛ばした。
 それに続く第二弾配信限定シングル「FAVOR~確かなこと~」は、NATURAL8のアルバム「GOLDEN SHUFFLE 2」に収録されているウエディングソング「FAVOR」のセルフリメイクバージョンだ。「FAVOR」は、NATURAL8のファンから最も高い支持を受ける楽曲であり、それをスウィートヴォイスシンガーと呼ばれるSHIKATAがどのように生まれ変わらせるのか注目が集まっている。
 この注目のSHIKATA配信限定シングル「FAVOR~確かなこと~」は、現在着うたが配信中だが、これがレコチョク・クラブうたデイリー2位を記録。5月19日に着うたフル配信も始まり、注目度はまさに急上昇中だ。
 また、このシングルの発売を記念して、5月23日には『FAVOR~確かなこと~』着うたフル記念ライブも開催する。