et-010521-03.jpg 昨年6月に亡くなった世界的人気歌手マイケル・ジャクソンさんのバンドで最後のリード・ギタリストとして話題を呼んだオリアンティさん(25)が、新曲「シャット・アップ&キス・ミー」の着うた、着うたフルをリリースした。
 2010年1月、マイケル・ジャクソンさんの映画『マイケル・ジャクソン This Is It』でフィーチャーされている女性ギタリストとして全世界の注目を浴び、アルバム『ビリーヴ』が日本発売されると瞬く間にゴールド・ディスクを達成し大ブレイクを果たしたオリアンティさん。驚愕のギタープレイのみならず、愛くるしいルックスで多くの人の心を虜にした彼女が放つニューアルバムは「アコーディング・トゥ・ユー」他、『ビリーヴ』からの楽曲6、7曲を加えて再構築された、オリアンティ伝説の第二章ともいえる作品だ。
 その中に新曲として収録される「シャット・アップ&キス・ミー」は、彼氏と絶妙な距離感で恋愛の駆け引きを行う女子の心境を描いた、エネルギッシュなパワーポップ。女子による女子のための洋楽ロックとして、定番のアヴリル・ラヴィーンさん「ガール・フレンド」を彷彿とさせる新時代のガールズ・アンセムと話題を呼んでいるこの曲がリリースされた。
 また、世の中のロックな女子を牽引するオリアンティさんの待望のシグネイチャーモデルのギターの発売も発表された。彼女が愛用するギター・ブランドPRSから発売される「SE Orianthi」は、お洒落なスパークル・レッドのボディに、彼女のトレードマークである“O”シグネイチャをデザイン。オリアンティさんの名に相応しいファッショナブルなギターに仕上がっており、6月下旬に発売予定だ。
 自身も「とにかく出来る限り沢山プレイすることね。自分を信じて、決して諦めないこと」と若いギタリスト達に向けてアドバイスを寄せ、彼女の超絶プレイに憧れるファンは要チェックのアイテムだ。
 今年8月には夏フェス『SUMMER SONIC 2010』にも出演も決定しているオリアンティ。第二章を歩み始めた彼女の超絶ギタープレイとキュートなルックスで再び話題を集めそうだ。