et-20100518-07.jpg 女優としても人気急上昇の黒木メイサ(21)が、アーティストとして約1年ぶりのニューシングル「5-FIVE-」を6月2日に発売。同曲を5月22日に代々木第一体育館で行われる「GIRLS AWARD 2010」で披露することが決定した。初めて人前で歌とダンスを披露するアーティスト・黒木メイサの初ライブとして、1万5000千人のオーディエンスの前での華麗なダンスパフォーマンスに期待が集まっている。先日このイベントに出演することが発表されたERIKA(沢尻エリカ)と共に、両者の「初パフォーマンス」に注目が集まることは必至だ。
 メイサの約1年ぶりのシングルとなる今作は一足早い「夏」を意識した、パーティー・チューン。18日に解禁となったミュージックビデオも、今までの「クール&ビューティー」のイメージを脱ぎ捨て、カラフルな曲調で「金のパンツをはいたエスパー・メイサがパーティーに乱入し、超能力でいたずらをする」設定で、メイサのチャーミングな笑顔が満載の内容になっている。同日正午から24時間限定でこのミュージックビデオをオフィシャルサイトでフル視聴公開している。
 「男性も女性も、そしておじいちゃんもおばあちゃんも、子供も大人も、皆で楽しめる曲にしたかった」と語るメイサ。曲はJUJU、西野カナ等でヒット作を連発してる人気急上昇中のプロデューサー・Jeff Miyaharaが担当。メイサのデビュー作からの付き合いで「メイサにしか表現できない音楽」を追求したという。歌詞でも「興奮状態!脳内爽快!」「ブロンドと土壇場PLAY」など過激な言葉遊びも多数あり、カラオケで歌うとちょっと笑えるような、メイサ楽曲の中でもかなりの異色作だ。カップリング楽曲にも安室奈美恵の作品で御なじみのNao’ymt、U-Key zoneが顔を揃え、超豪華な一枚となった。
 今年1月に発表したミニアルバム「ATTITUDE」ではそのパーソナルな内容がゆえに本人の意思で「着うた拒否」したほどクローズドな状態でのリリースが話題になったが、今回の作品は5月19日に着うたが先行配信され、テレビ音楽番組にも複数出演が決定など、前作「ATTITUDE」とは真逆のリリース発表となった。
 メイサは現在、TBS系ドラマ「新参者」に出演中。同じくTBS系「IRIS(アイリス)」では声優にも挑戦、自慢のロングヘアーをばっさり切った!? と話題の新CM「COLA SHOCK」、そして「ロレアルパリ」の世界契約が決定、年末には映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」に出演する等、2010年も大活躍中のメイサだが、アーティストとしてもその進化と挑戦は止まらないようだ。