jazztronik.jpg 2002年日本上陸後、毎年日本中のハウス〜ダンスミュージックファンを魅了して来た、NY発の伝説のパーティー「Body&SOUL」が5月23日、お台場にて開催される。スペシャルライブには、ハウスを中心にジャンルレスで完成度の高い楽曲を世界に発信し続けているJazztronikが出演。12回目の東京開催となる今回、会場は海を臨む潮風の心地よいロケーションで、野外フェスならではの開放感に包まれ音楽を堪能できるサンデーアフタヌーンパーティとなるだろう。
 1996年フランソワK.の呼びかけでスタートした「Body&SOUL」は、NY のクラブ VINYL にて毎週日曜日に行われ多くの人々を熱狂の渦に巻き込み、世界中のダンスミュージックシーンに多大なる影響を与え続けシーンの発展に貢献してきた。フランソワK.、ジョー・クラウゼル、ダニー・クリヴィットという3人の大御所DJが、代わる代わる1曲ずつミックスするバックトゥバックというスタイルで創りあげてゆく9時間のストーリーに、多くのクラウドが酔い歓喜し、ハウスミュージックのみならず音楽のすばらしさを再認識させてくれるだろう。ビジュアルやライティングにもこだわるこのパーティでは、同じくNYからライティングマスター、アリエルも参加し、ダンスフロアをさらなる興奮へと導いてくれる。
 今回ライブセットを披露するJazztronikは、日本のクラブシーンの最重要人物であり、これまでにプロデューサーとしてMondo Grosso、葉加瀬太郎、bebe、Sandii、唐沢美帆、ゴスペラーズ等、数多くのアーティストに楽曲提供する才能あふれるアーティスト。ジャズを基調としたサウンドをどのようにライブで表現してくれるのか楽しみだ。