SOLAR FREQUENCY エレクトロニック・ミュージック界の重鎮、JEFF MILLS(ジェフ・ミルズ)とともに、2012年東京の金環日食に向けて始動する、カウントダウン・フェスティバル「SOLAR FREQUENCY」の第1回目となるイベント「SOLAR FREQUENCY-Episode ONE-」が5月30日の昼から夜にかけて、東京・お台場の野外会場で開催され、3年間にも及ぶ物語が幕を開ける。
 ジェフ・ミルズをメインアクトに迎え、国内外のクラブシーンをリードするDJたちが共演するメインステージ「GALAXY STAGE」。最新のダンスミュージックカルチャーを発信し続ける渋谷のクラブWOMBがオーガナイズする「WOMB SATELLITE STAGE」。数々の野外フェスをつくりあげてきたM.M.DELIGHTとCHILLOUT VILLAGEがオーガナイズするチルアウトエリア「YOUNAGI AREA」の3ステージを展開。東京都心に誕生する新たな野外フェスに大きな期待が寄せられている。
 メインステージとなる「GALAXY STAGE」では、「SOLAR(太陽)」「FREQUENCY(周波数)」「???」という3つのテーマのもと、音楽と映像で3年間のストーリーを紡いでゆく。メインアクトを務めるのは、宇宙旅行の記録を音に結実させたアルバム『Sleeper Wakes』とミックスCD『The Occurrence』を発表したジェフ・ミルズ。宇宙の天体ショーを祝うフェスにふさわしいアーティストだ。
 また、電気グルーヴとしての活躍でも知られるTAKKYU ISHINO、日本が生んだテクノ界のスターKEN ISHIIをはじめ、国内外のクラブシーンをリードするDJたちが共演する。映像を担当するのは、ジェフ・ミルズがWOMBで2004年から3年間開催してきたプロジェクトと2010年元旦にWOMBに帰還を果たしたカウントダウンイベント”Sleeper Wakes”で宇宙をヴィジュアル化して来たVJ NUMAN。音楽と映像で、都心にいながらして宇宙の神秘を体感できる空間をつくりあげてゆく。
 「WOMB SATELLITE STAGE」は、最新のダンスミュージックカルチャーを発信し続ける渋谷のクラブWOMBがオーガナイズ。DJ AKi、The SAMOS、Dr.SHINGO、RYUSEKE NAKAMURAをはじめ、WOMBのレジデントDJや次世代を担うアーティストが盛り上げる。
 「YOUNAGI AREA」は、「渚音楽祭」「ECLIPSE2009-奄美皆既日食音楽祭」など数々の野外フェスをつくりあげてきたM.M.DELIGHTとCHILLOUT VILLAGEがオーガナイズ。チルアウトミュージックとともに、KIDS AREAなども用意され家族連れでも楽しめるくつろきの空間を演出する。
 「TOTAL DECORATION」は、2009年奄美皆既日食音楽祭で独創的なタワーをつくりあげたR TYPE Lが担当。会場の中心に設置されるモニュメントタワー“SUN TOWER”は、宇宙に通じる空と地球を結ぶシンボルとなるだろう。
 金環日食(Annular Solar Eclipse)とは、地球からみた月の見かけの大きさが太陽よりも小さい場合、太陽と月が完全に重なると光のリングのように見える天文現象。2012年5月21日、東京・大阪・鹿児島など日本列島を縦断する形で観測される金環日食。日本では35年振り、特に東京は金環日食帯の中心線上に位置するため完全なリングとして観測することができ、世界中から日食ハンターが訪れることが予想される。