nicco TSUTAYAやTポイントなど様々なカルチュア・インフラでライフスタイルを提案するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)とエイベックス・グループとの合同開催オーディション「TSUTAYA×avex Newcomer Audition 2010 Music Burger」の決勝審査が去る3月12日に、SHIBUYA DUO MUSIC EXCHANGEで行われ、応募総数約2000通の中から、東京出身の23歳「nicco(ニコ)」がグランプリに選ばれた。
 Music Burgerは、バンドやシンガーソングライターの発掘を主に目的としたTSUTAYAとエイベックス・グループによる初の合同開催オーディションで、自薦・他薦の幅広い形の応募方法。全国5都市(東京・大阪・福岡・名古屋・札幌)で行われた二次審査では、ライブ審査に加えてTSUTAYA onlineのサイト上で投票も行われた。
 グランプリ受賞のniccoは、今後cutting edgeレーベルからのメジャーデビューに向けて準備に入るという事だが、先駆けて2010年6月9日にMySpace、J-WAVE「RADIO×SPIDER」、東京ニュース通信社「MySpace From JP.」の3社で運営するレーベル「SPIDER RECORDS」より第一弾アーティストとしてファーストミニアルバム「委員長」をリリースすることが既に決定している。
 こちらはJ-WAVEのラジオ番組「RADIO×SPIDER」の楽曲オンエアオーディションに応募したことをきっかけに、番組内のレコメンド・アーティストに選出され、さらにレーベルの第一弾アーティストの座を射止めたというもの。
 女の子の人には言えないホンネの部分を、ギターをかき鳴らしながら全力で歌うという彼女だが、インディーとメジャーの両方からのデビューを勝ち取った、いわば「ダブル栄冠」の新たなニューカマー誕生に、音楽業界がこぞって彼女の才能に注目している。