ももクロ 女性アイドルグループのももいろクローバー(ももクロ)が5月5日発売のメジャーデビュー・シングル「行くぜっ!怪盗少女」で堂々のオリコンデイリーチャート1位を獲得した。トップ10入りを目指し、3月から全39公演を巡るツアーを実施してきたが、努力が実ったようだ。
 3月から行われてきたツアーの35公演目で、メジャーデビューシングルの発売日でもある5月5日、秋葉原UDXシアターでチャートが発表された。垂れ幕に書かれた
 ツアーの35公演目となる5月5日、メジャーデビューシングルのリリース日に、ラッキーにも5000通の応募の中から抽選で選ばれた150人のファンで満員となった秋葉原UDXシアターにてオリコンデイリーチャートのサプライズ発表が行われた。
 メンバーもいつものように力いっぱい歌と踊りを披露していると、2曲目の曲途中で急にサイレンがなり会場が暗転した。メンバーとファンが騒然としているあかMCが入り「行くぜっ!怪盗少女」の発売日のオリコンデイリーチャートを発表するとの事。なにも聞かされていないメンバーは、状況を把握できないまま会場の中央にある紐を引っ張るよう指示された。垂れ幕をあけるとそこには『「行くぜっ!怪盗少女」オリコンデイリーチャート1位』の文字が。
 その文字を見るなり会場からは「おめでとう!!」と嵐のような祝福の声がかけられ、メンバー全員が感激のあまり号泣した。メンバー1人1人から「ファンの皆さんが、毎回声を枯らすほどがんばって応援してくれたおかげです」と感謝の気持ちを伝えた。
 そのまま、会場に入れなかったロビーの人たちにも挨拶をしたいと、会場を飛び出しロビーのファン達のもとへ感謝の気持ちを伝えにいくなど、ファンを大切にする彼女たちらしい光景が見られた。
 また、新曲のチャート発表後には、興奮覚めやらぬリーダーのkanakoが、次の曲紹介を間違えてしまい、メンバー全員から突っ込みを入れられる場面も。会場の雰囲気が感動的なものから和やかになり、残りの楽曲もダンスと共に熱唱。無事にイベントは終了した。
 イベント終了後には、「みんなに愛されるユニットになりたい」「会場に入れない人がいないように武道館のような大きい会場で LIVEしたい」「紅白にでたい」などメンバーそれぞれから今後の目標が語られた。