et-20100501-04.jpg ゴールデンウィーク初日、人、人、人で溢れかえる原宿KDDIデザイニングスタジオで、MASHがフリーライヴを開催した。
 東京でのライブは、昨年末に実施されたワンマンライヴ以降、約4ヶ月振りとあって、この日を待ちわびた多くのファンが詰め掛けた。
 昨年からロングヒットを続ける「僕がいた」、そして最新楽曲「夢追いの地図をひろげて」まで、30分という短いセットではあったが、オーディエンスにメッセージをしっかりと伝えることを重視したそのスタイルは圧巻といえる。
 「夢追いの地図をひろげて」は現在有線で問い合わせが急上昇、ツイッターなどでも楽曲に対する良い評価が多数されるなど、楽曲の浸透が急激に増している。
 楽曲歌唱時はMASHが発する一言一言にファンが耳を傾けている姿が印象的だった。この夏には3枚目となるアルバムリリースも予定されており、今から期待が寄せられる。