ニッキー バンクーバー五輪開会式・カナダ国歌斉唱で、圧倒的な歌唱力を披露して世界から話題を集めた、カナダ出身の歌手ニッキーさん(16)が、世界デビューアルバム「ニッキー~フォー・アナザー・デイ」を発売。これを記念して、先日、来日を果たし、ショウケースライブを行った。このライブには、カーリング娘の近江谷杏菜(おおみや・あんな)さんも応援に駆けつけた。
 この日、ニッキーさんは、バンクーバー五輪で国歌斉唱をした際と同じ赤い衣装で登場。バンクーバー五輪の感想を求められると「国を代表する皆さんの前で歌うことが出来て大変光栄でした」とコメント。また、「オリンピックで歌うということが決まって知らせを受けたときに、最初は冗談かと思ったけど、本当だと知って、嬉しすぎて、部屋中を飛び回って喜びました」という16歳らしいエピソードも披露された。
 同じくバンクーバー五輪で活躍したカー娘の近江谷杏菜さんが、ペシャルゲストとして登場。ニッキーさんへ花束を贈り、その再会を祝った。近江谷さんは「カナダで国歌を聴いたとき、16歳で小柄なのに、すごい迫力のある歌声でビックリしました。会えるなんて思ってなかったので、お会いできて光栄です」とコメントし、喜びをあらわにしていた。
 ショウケースライブでは、一曲目から五輪で歌ったカナダ国家「Oh Canada(オーカナダ)」を熱唱したほか、デビューアルバム「ニッキー~フォー・アナザー・デイ」からリード曲「フォー・アナザー・デイ」を含む、計9曲を披露。バンドの生演奏と共に紡ぎだされる力強くも透き通ったその歌声に、客席からは溜息が漏れるほどだった。
 また、ライブの後には、カナダ大使からニッキーを親善大使に任命するというサプライズな発表も。大使から認定書を贈呈されたニッキーさんは、大喜びの様子だった。当日は「今年、10月も来日します!」と、日本ツアーの実施も発表したニッキーさん。世界から熱い注目を浴びる彼女からますます目が離せない。