仲里依紗<ライブレポート:タワーレコード渋谷店>
 5月1日公開の映画「ゼブラーマン2-ゼブラシティの逆襲-」でゼブラクイーン演じる仲里依紗さん(20)が4月22日、ゼブラクイーンに扮して、東京・タワーレコード渋谷店で初の生ライブを行った。
 映画では、圧倒的な悪のヒロインとして、哀川翔さん演じる主人公ゼブラーマンを徹底的に追い詰める、新キャラクター・ゼブラクイーンを演じている。劇中でも2025年のゼブラシティのカリスマ的人気を誇るアーティストとして君臨している彼女が、2010年の4月21日に日本でデビューを飾った。
 それを記念して開催されたこのイベントには、話題のゼブラクイーンを一目見ようと多くの観客が詰め掛けた。
 会場の照明が落とされると、ステージ上に用意されたモニターで、10分弱にも及ぶ映画予告編が流された。予告編にも関わらず、2025年のゼブラシティに君臨するゼブラクイーンのその圧倒的な強さと、ゼブラーマンとの息詰まる戦いに、会場に集まった観客たちは食い入るように画面を見入っていた。
 その予告編が終了すると共に、ステージ上には、大きな話題を呼んだビデオクリップにも登場したダンサーチームとゼブラポリス隊を引き連れたゼブラクイーンが、ゼブラのビスチェにガーターベルトと、劇中と違わぬセクシーな衣裳で登場。ゼブラクイーンが画面を飛び出し、その姿を現すのは初めてということもあり、1曲目の「ゼブラクイーンのテーマ」のイントロが流れ始めると、客席からは大きなどよめきとも取れる歓声が起こり、一気にヒートアップした。
 ゼブラクイーンは、この日、デビューシングルから「ゼブラクイーンのテーマ」と映画の主題歌である「NAMIDA~ココロアバイテ~」を披露。その妖艶な姿や歌唱力も去ることながら、ダンサーチームとのド迫力かつ攻撃的なダンスには、会場全体が圧倒されていた。
 2曲を歌い終わり、無言のままステージを後にしたゼブラクイーン。そのミステリアスなイメージは最後まで崩れることなく、映画への期待がますます高まるイベントとなった。
 またこの日、会場を訪れた観客の中から、抽選で5名に4月16日に発売された「仲里依紗×ゼブラクイーン写真集」が、ゼブラクイーンのサイン入りでプレゼントされるというサプライズも。ゼブラクイーンがサインをした本がプレゼントされるのは世界初とのことで、当選したファンたちは大きな喜びを爆発させていた。
 映画の中でも、ゼブラーマンを凌駕するほどの存在感を放つゼブラクイーン。2010年の日本での活躍も期待される。