ブンブンサテライツ 今年1月にリリースしたベストアルバム「19972007」がオリコン洋楽ランキングで第1位に輝くという快挙を成し遂げたブンブンサテライツが、07年11月以来、約2年半ぶりとなるオリジナルニューアルバム「TO THE LOVELESS」を、5月26日にリリースすることが分かった。
 待ち焦がれていたオリジナルアルバム「TO THE LOVELESS」は、「音楽シーンに感謝の気持ちが感じられないこの時代に大事にして欲しい、愛して欲しい、想いのあるものを聴いて欲しい」「想像力を喚起させるものとして音楽のもつ役割を果たしたい。聴いてくれた人の想像力とこの音楽が合体したときに本当の意味で完成する音楽であってほしい。」というブンブンサテライツの2人の想いが込められた一枚。
 特にこの中に収録されている楽曲「STAY」は、プロサッカー選手の内田篤人選手が出演し、内田選手やサッカー日本代表のダイナミックなプレーが話題を呼んでいる液晶テレビソニー<ブラビア>のCM曲として放映され、ワールドカップの壮大なスケールを演出する楽曲として話題を呼んでいる。その他にも、アニメ「亡念のザムド」オープニングテーマとなり大人気を博した「BACK ON MY FEET」など、全13曲が収録され、なんとトータルで70分超えとなる大作に仕上がっている。また、初回生産限定盤に同梱されている特典DVDには、09年7月に敢行された「BACK ON MY FEET」リリース記念のプレミアムライブ映像がボリュームたっぷりで収められている。
 ブンブンサテライツは、1997年ヨーロッパデビューしブレイクした中野雅之さん、川島道行さんからなるロックバンド。そのダンスミュージックを基本としながらのロックのダイナミズムとライヴパフォーマンスは、世界を圧倒。欧米メディアが「ケミカル・ブラザーズ、プロディジー以来の衝撃!」と報じ、アンダーワールド、ファットボーイスリムらとヨーロッパ、全米ツアーを敢行するなど、世界各国のフェスティバルにも出演してきた稀有な日本人ミュージシャンで、国内外からのアーティストからの支持を多く集めている。
 さらにこのアルバムをひっさげてのツアーも、全国ライブハウスを巡る「1st STAGE」に続き、「2nd STAGE」として東名阪福仙と都市圏での公演も発表された。既にFUJI ROCK FESTIVAL 10をはじめ主要フェスへの出演も話題を呼んでいる。