et-20100423-01.jpg 2010年サッカー南アフリカ・ワールドカップ公式スポンサーである、コカ・コーラのグローバル・キャンペーン・ソングとしてケイナーンの「ウェイヴィン・フラッグ コカ・コーラ・セレブレイション・ミックス~世界に一つの旗」の着うた、着うたフルが21日から、配信が始まった。
 ケイナーンは、アフリカのソマリア出身のシンガー。アーティストの家庭に生まれ育つ中で、ヒップホップと出会い、ラップに興味を持ったが、祖国の内戦が激しくなり、12歳の時NYへ亡命。現在はカナダ、トロント市を拠点に活動中だ。カナダ版グラミー賞のジュノー賞で、過去アヴリル・ラヴィーンやマイケル・ブーブレが受賞したことでも知られる「最優秀アーティスト」と「ソングライター・オブ・ザ・イヤー」の合わせて2部門を受賞している実力派だ。戦争や貧困を経験したからこそ自由と喜びを求める気持ちが強く、彼の音楽には常に希望に溢れたビートが刻まれている。
 2010年のW杯は、初めてアフリカ大陸で主催されるW杯ということで、ケイナーンは「音楽を通じて一瞬でも世界がひとつになり、苦しみを忘れる時を作りたい」という思いを込めて、このW杯でコカ・コーラの・グローバル・キャンペーン・ソング「ウェイヴィン・フラッグ コカ・コーラ・セレブレイション・ミックス~世界に一つの旗」を歌うことになる。
 また、この曲を収録したシングルを5月26日に、アルバム「トルバドゥール ~チャンピオン・アルバム」を6月2日にリリース。
 “コカ・コーラ FIFA ワールドカップ トロフィーツアーで4月22日から26日まで来日が決定しているが、このほかにも5月29日に開催されるMTV VMAJに出席、8月に開催されるSUMMER SONIC 2010にも参加が決定するなど、今年は日本でも彼に会える機会が多くありそうだ。