et-20100420-04.jpg 4月17日TBS系ドラマ「タンブリング」の第一話がスタート。TBS系ドラマ「タンブリング」は学校一のヤンキー軍団がひょんな事から新体操部に入部し、成長していく姿を描いた正統派スポ根青春コメディ。
 第一話放送終了直後にHoney L Days(ハニー・エル・デイズ)がTBS系ドラマ「タンブリング」の主題歌となっている新曲「まなざし」を都内ライブハウスで初披露した。
 主題歌を担当するHoney L Daysは、ロック・バンド等でライヴ活動を行なってきたKYOHEI(Vo.Gt)と、ゴスペル・グループに在籍し活動してきたMITSUAKI (Vo.)が、2003年春、舞台での共演をきっかけに出会って結成され、2008年9月3日にシングル『Go=Way / Center of the World』でデビューした2人組のユニット。
 キャストも若手俳優を中心に据えた「タンブリング」は、主題歌となる楽曲もフッレシュな若手アーティストに担当してもらいたいというドラマ制作担当側の熱い想いから、Honey L Daysが大抜擢され、今回書き下ろし た新曲「まなざし」がドラマ主題歌に決まった。
 ボーカルでギター担当のKYOHEIはライブでの初披露の際「新曲「まなざし」について、夢や目標に頑張っている人のキラキラとした瞳をイメージした曲なので、そんな真っ直ぐなメッセージが伝わればと思ってます。」とコメントし、会場のオーディエンスを沸かせた。
 そんなHoney L Daysの新曲「まなざし」は5月5日からCD発売に先駆け、着うた(R)配信がスタート。CDは5月26日にリリースされる。