SAY ちょっと切ないスウィートな曲として、ティーンズ向け雑誌の読者モデルなどから熱い支持を受けている「スーパースター」。この曲を歌うのは昨年メジャーデビューした、女性ヒップホップ歌手のSAY(セイ)さんだ。
 14日発売の初アルバム「One Love」に収録されている同曲は、ティーン世代の等身大な気持ちを表現した歌詞と、ちょっぴりせつないメロディーが現役読者モデル達を中心に共感を呼び、先行配信されている着うた、着うたフルは軒並みクラブ系サイトで1位を獲得、第4回レコチョク新人杯でも第3位に入賞しているほか、読者モデル達の反響の多さから、日本最大級の読者モデルポータルサイト「DOKUMOCafe」ではSAYとのコラボレーションが開始されるなど、盛り上がりは度合いは日に日に増している。
 また、同曲は全国15局のラジオ局でヘビーローテーションを獲得。渋谷の街をトラックがオンエアしながら運行。有線総合HITランキングでも6位をマークするなど、読者モデルからの人気が全国区へと広がっている。
 同曲を収録したアルバムには、DS455、OZROSAURUS、BIG RONなどHIP HOPシーンの重鎮達の参加。サウンド・プロデュースにはクリスタル・ケイさんやBoAさん、中島美嘉さんなど多くの実力派アーティストのサウンド・プロデュースでも名高いICEDOWN氏を起用し、十分に聴き応えのある内容となっている。