et-20100416-01.jpg 人気ラップユニットのHilcrhyme(ヒルクライム)の新曲「ルーズリーフ」が、23日スタートのTBS系新ドラマ「ヤンキー君とメガネちゃん」の主題歌に決定した。ヒルクライムにとっては初のドラマ主題歌。6月上旬発売予定の通算5枚目のシングルとして発売される。
 人気俳優の成宮寛貴さんが主演を務め、ヒロイン役には仲里依紗さんを起用した話題のドラマ。週刊少年マガジン連載中の古河美希氏による同名作品が原作となる。ヒルクライムはこのドラマのために新曲を書き下ろした。
 このドラマのスタートに合わせ「TOYOTAパッソ+Hana」と「ヤンキー君とメガネちゃん」のコラボCMが制作される。出演は仲里さんで、もちろんこのCM曲にも「ルーズリーフ」が使用される。19日に放映される。
 今回の主題歌決定についてドラマ担当北川雅一プロデューサーは「青少年特有のストレートで熱い想いと、ラップミュージックをぶつけてみたくなり、ラップミュージシャンの中で今もっとも勢いのあるヒルクライムさんにお願いしました。何が起きるか楽しみでしたが、想像を超えたものが上がってきました。詩の世界も、一度聴いたら忘れないメロディーも素晴らしい!最高の主題歌を頂き、感謝しています」とコメント。
 メンバーでMCを務めるTOCさんは「ドラマと出会えなかったら一生こういう曲は書けなかった。僕らの固定概念を打ち崩すような曲ができた」と曲への思いを語った。