et-20100414-02-片山.jpg 京都出身5人組バンドの片山ブレイカーズ&ザ☆ロケンローパーティが、1年8カ月ぶりにオリジナルアルバム『サカサマデアル』を14日にリリースした。発売を記念して、同日夜にメンバー出演によるニコニコ生放送をオンエアされる。
 3月17日に先行発売したシングル「地球最期の朝がきて」が、タワーレコードオンラインでデイリーチャート1位を記録、サカエスプリング2010への出演も決定するなど話題の尽きない彼らが、今回リリースするセカンドアルバム「サカサマデアル」は、全13曲収録のこの作品には紛れもなく、彼らが辿り着いたネクストレベルのサウンドが鳴り響いている。
 ソリッドなロック感はより切れ味を増し、まさにバンド名のごとき“ロケンローパーティ”をアルバム冒頭のトラック1「さかさのせかい」から一気に展開し、ラストを飾るトラック13「地球最期の朝がきて」(album ver)まで、前作以上にサウンドの幅を広げながらも決して散漫には終わらない。
 発売日当日にオンエアされるニコニコ生放送では、メンバー自身による収録曲生解説や、レコ発ツアーへ向けた選手宣誓などここでしか見る事の出来ない盛りだくさんの内容を1時間お届けする予定だ。
 このアルバムをひっさげた全国20公演のツアーも予定されており、ますます勢いに乗る片山ブレイカーズ&ザ☆ロケンローパーティ。海外の偉大なロック・アーティストたちからの影響を受けながらも、日本という国でしか生まれ得ない“片山ブレイカーズのロック”を生み出した彼らに注目が集まりそうだ。